marimekkoのオーブンミトンは厚みがあって良いけど・・・?

marimekkoのオーブンミトンを愛用しています。

こちらはFOKUSのグレー×白。

 

実は我が家にはもう1つオーブンミトンがあります!

 

それはこちら。

marimekkoのプケッティ、ブラック。

 

P2092881 (1).jpg

ちょっと見比べ。

どちらが我が家のキッチンに合っているのかなぁ〜〜♩

 

と、試しに写真を撮ってみたり。

 

じ、実はですね、

ブラックのプケッティは火傷をしました。悲惨です・・・

左側は無傷のように見えますが、そちらもしっかり火傷をしています^^;

 

グレーの水玉模様のミトンは、実は2代目なのですよ。

 

友達が遊びに来た時に、クリームブリュレを持って来てくれたので、表面をオーブンで焼こう♩となり、夫が熱々のブリュレの器をこのミトンで掴んだ瞬間、ヒュ〜と溶けていったのでしたw

 

その時の光景は今でも鮮明に覚えています・・・!

 

だって、夫が「できたよ♩」とにっこり満面な笑顔で、私に出来立てのブリュレを見せてくれていたのです!

もちろん、私の視線はブリュレではなく、オーブンミトンが燃えていく光景・・・あぁ。

 

今思うと、夫が火傷を負わずに良かったと思えるのですが、

でもね、ウキウキるんるんで買ったミトンが燃えていく光景はツラかった > <;

 

友達を前にショックと動揺を抑えるのが精一杯 w

そのあと、「新しいの買ってもらうからね」と念を押し、

我が家にやって来た2代目のミトンが、こちらのグレーの水玉模様だったのです。

 

水玉模様。

正直、しょーじき、私は水玉よりボーダー派!

 

今だったら、こちらのボーダー柄を買っていたなぁ〜と思ったり。

色々迷ったのですが、その時はピンとくるものがなくて、このグレーの水玉柄に落ち着いたのでした。

 

で、なんでまだ燃えたオーブンミトンを持っているのかというと、

夫がそれを使うから。

 

私は処分したいのですが、

「これ、捨ててもいいかな〜?」と聞くと、

「いる〜!!!」と必ず言われます。

 

理由は、「また汚れても気にしなくて良いいから

 

な、なるほどね。でもそんなに汚れないでしょ・・・あれはブリュレの器が異常だったんだよ・・・と思うのは私だけ?

 

と言うわけで、なかなか処分できないものの1つでした。

 

ただ、マリメッコのミトンは結構分厚いので、焼けてしまった方でも意外と使えてしまうのです。

 

良いのか、悪いのか?

 

でも、いつか夫に納得してもらい、処分したいと思います!

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうごさいます。

お手数をおかけしますが、下のバナーをクリックして頂けると大変嬉しいです☆

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ