無印良品週間で買って大正解だったもの!シンプルでスタイリッシュで出しっ放しでも部屋になじむ!

無印良品週間が始まっているようですね。

今回は期間が

2017年6月9日(金)— 6月19日(月)

ネットストアは、2017年6月9日(金)午前10時から6月20日(火)午前10時まで

 

なので、前回のようにゆっくり吟味して〜という時間は無さそうですね。

 

今回は、前回の無印良品週間で新たに買って良かった商品をご紹介したいと思います!

 

それは、この洗濯ハンガー(ピンチハンガーとも言うのかな?)

アルミ壁面用ハンガー ポリカーボネートピンチ仕様 約44x22cm・ピンチ16個

 

実は、こちら実物を見ずにネットで気になり購入。

ネットの商品説明に「軽い」と書かれていたのも購入の決め手。

(結局窓際のディスプレイは、夏もこのままになりそう 笑 何故かこだまがいますがそれは夫が置いたもの)

 

 

 

洗濯物は乾燥機を使う我が家ですが(外には干せないのです)

ちょっと手洗いしたもの、ちゃちゃっと洗って干したいものってあるんですよね。

そういう時には、昔買った洗濯ハンガー(おそらくダイソーのもの)を、ブラインドに引っ掛けて干していました。

室内干しとなるわけですが、南向きの我が家は窓際に干すと割とすぐ乾くのです。(湿度も低いですし)

 

これこれ。ピンクがなかなか激しい色。

 

軽くて小さいので、ちょっと使いたいって時にはとても便利なのですが

なんせ色がケバケバしてて・・・しかも簡素な作りで全く安定感がない。

いつか替えたい〜っと思っていたもの。

 

無印のこの洗濯ハンガーは、少し重さは気になりましたが(なぜかもっと軽いものを想像していた)

でも、このしっかりとした作りならこのくらいよねっと納得。

実際使ってみると、部屋になじみまくり!

遠目から見ると、「どこ!?」となるかも 笑 

私のことだから出しっぱなしにしてしまいそう〜。(普通は片付けるものですがね^^;)

 

ピンチは透明、他の部分はシルバーで統一。

なので、生活感丸出しになりそうなところがスッキリ見えます。

まさに、シンプルでスタイリッシュ!

 

 

 

もちろん、実際洗濯物を干すと生活感は倍増しますが^^;

キッチンで使う布巾と靴ふき用のシャツの細切れをたまたま手洗いしたので、干してみました。

(思った以上に汚れが落ちなくて、汚いものですみません)

 

 

ちなみに、キャンドゥでも買った洗濯ハンガーもあります。

実は無印のものはちょっと重さが気になったので、100均でもシンプルな白いものを購入。

旅行の時にあると便利なこの洗濯ハンガー

無印のが軽ければ、家兼旅行で使おうと思っていたのですが、旅行には持って行きたくない重さだったので、もう一つ追加で購入。

 

キャンドゥのものも色がシンプルなので悪くない。安定感もピンクのより全然良し。

ですが、やっぱり無印のものと比べると、見た目のスッキリさが全然違う!!

なので、これは主に旅行用に使おうかと!

 

 

 

P6120937 (1).jpg

無印のこの商品のもう1つの特徴はこの形。

あまり見ない楕円形。

矢印の部分には(両側にある)、壁面に接する部分の緩衝材(かんしょうざい)となるシリコーン製のパイプつき。

(付属されているので、自分でつけます)

 

私の中では、壁際に洗濯物がつかないこの構造がすごいなと。

これは使ってみてさらに納得できるかと思います。

こういう商品ってさすが日本っぽい〜。

 

ピンチの数が16個と少ないのは気になるものの、ピンチの位置を手動でずらすことができるので、干すものによって間隔を変えられるのも使いやすい

 

バルコニーのドアにもかけてみた。

我が家の窓には全てブラインドが取り付けられていますが、実は最近気づいた。

結構汚れているのです!!

そろそろ掃除しないと〜と思っているのに、なかなか取りかかれないブラインド掃除。

なんたって、手間がかかりますからね・・・

 

でも、この形ならブラインドの汚れに接することもないので、一先ず安心。

しかも、かなり安定感のある洗濯ハンガーなのも嬉しいです^^

 

無印のサイトを見ると、小さい旅行用から大きいものまでいろんな種類の洗濯ハンガーがあります!

それぞれのご家庭の生活スタイルに合わせて買える、バリエーションの豊富さも魅力ですね☆

 

100均に比べたら、お値段は結構しますが、そうそうすぐ壊れるものでもなさそうですし、私はこの商品を買って大正解でした♩

室内干し用で、ピンチが少なくても大丈夫なご家庭なら特にオススメです!

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ