IKEAのSKUBB大活躍!ウォークインクローゼットでの快適な使い方はこれ☆

今日はウォークインクローゼットにあるSKUBBの収納の仕方について。

我が家流の収納の仕方をご紹介します。

 

ちなみに、以前大掛かりな断捨離をし、IKEAのALGOTシリーズで収納を改善しました。

興味のある方はこちらもどうぞ→

 

 

Screen Shot 2017-03-24 at 5.02.33 PM.png

SKUBB 収納 6コンパートメント

これを夫側と私側に1つずつ設置。

一番下から2つ目までは収納スペースが狭いので

別売りのSKUBBボックス仕切り付きを入れて

引き出し収納にしています!

 

この仕切り付きの引き出しタイプは後から追加で買ったのですが

あると無いとでは大違い!!

この2段には主に下着、肌着、ベルト、ヒートテック、靴下類などを収納しています。 

夫と私側で収納しているものは多少違いますが。

こういう細々としたものは仕切りが無いと、うまく収納できませんよね。

 

左が夫、右が私の引き出し。

こちらには主に肌着、ベルト、私の方にはタイツ、ストッキングや水着のボトムスなども入れています。

こんな感じで、細かく仕切りがあるので

種類ごとに分けて収納ができます。

また、季節ごとに、よく使うものを手前に入れるようにも意識しています☆

 

私側のSKUBB 収納 6コンパートメント。

これを使うと必然的に重ねる収納になると思います。

 

個人的に、重ねる収納はあまり好きではないのですが

(下のものが出しにくいし、綺麗に整えても乱れやすいという理由で)

でも、断捨離をして、服が減ったと同時に

重ねすぎなければ使い勝手も悪くないと気づきました!(特にニット類など)

 

ただ、Tシャツ類など薄っぺらいものは、たくさん重ねて収納できるので多く入れてしまいがち。

でも下の方に収納したものは出しにくいし、存在すら忘れることも・・・^^;

 

そこで、このSKUBBボックス6点セットの出番。

前回、シンク下の収納でこれを使っているとご紹介しましたが

これはウォークインクローゼットでも活躍してくれています☆

 

こちらは夫側のSKUBB 収納 6コンパートメント。

ご覧の通り、大きい収納スペースが4段ある中で、一番下だけ少し違う使い方。

 

引き出してみるととこうなっています。

SKUBBボックス6点セットの大きい正方形と長方形の2つがちょうど収まるので

散乱しがちなTシャツは、あえてこのボックスに縦に仕舞い

引き出しのように収納することに。

 

この方法の方が、断然出しやすいし、見やすいし

散らかりがちな夫の服をを綺麗に保つことができます^^

 

本当はこの4段目の収納方法は、私側のSKUBB 収納 6コンパートメントで始めた使い方。

見た目がどうかな?とも思ったけど

見た目より使い勝手を重視したい!(友達にわざわざウォークインクローゼット見せないし 笑)

となり、行き着いた我が家流の収納方法です。

 

ちなみにALGOTシリーズのメッシュバスケットにも

SKUBBボックスはこんな感じで収まります。

 

このバスケットは深いサイズのもの。

夫の靴下はなぜか数が多く、収納場所や収納の仕方に困っていましたが

このボックスのおかげでかなり快適になりました!!

 

私側の深いバスケットにも使用しています。

これらは部屋着類ですが

今までバスケットにダイレクトに積み重ねて収納していましたが

下にあるものが出しにくいし、綺麗に収納することもできなくてプチストレス。

 

ボックスに収納するようになってからは

どこに何があるかがわかりやすく

出し入れで乱れることも減り、快適に使えるようになりました☆

 

 

割高ですが、Amazon、楽天にも。

このボックス、IKEAのHPではかなりお値打ち価格になってました☆

 

 

 

 

収納シリーズに、更に収納グッズを使うことってどうなの?無駄じゃない?と最初は思いましたが

快適に使うためには、やはり細かいボックスや仕切りなどは必要だなと思いました。

 

 

あとは、服って安易に詰め込み収納しがちですが(以前の私が正にそれ)

収納スペースに余裕をを作ってあげることで

どこに何があるか見やすくなる

服のシワや型崩れも防止できるなと改めて思いました。

 

 

それに、服だってある程度のスペースが欲しいはず。

ぎゅうぎゅうにしたら窒息してしまう・・・

そう思うと、以前よりも服を大事にしてあげたいと愛着も持てるように^^

 

 

私たちにとっても、服たちにとっても

このクローゼットを快適な空間にすることが

今後の目標であり、理想です☆

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうごさいます♩ 

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ