ケメックスっておしゃれだけど洗うのが難しい、我が家流のお手入れ方法は超簡単!

 

今日はコーヒーを作るときに愛用しているケメックスについて。 

 

P3093476 (1).jpg

何度もブログに登場させているほど愛用しているお気に入り。

最近は紅茶もよく飲むようになりましたが、時間のある休日はコーヒー率が多いです!

 

 

 

しかし、ケメックスって使っている人になら共感頂けると思うのですが 

 

洗いにくいですよね・・・ 

 

コーヒーが溜まる底の部分は普通のスポンジだと手が届かない。

ズボラな私は簡単に洗剤水でシャシャーっと流し水洗いして終わりってことが多いです。

 

が、いつもこれだと次第に底が茶色になってくるんですよね・・・

 

そこで、我が家では一応ケメックス用のスポンジも買ったのです。

フックに吊り下げている白くて長いスポンジを!

これは Brushteck というおそらくアメリカのブランドです。

 

中に針金が入っているので自由自在に曲げられる。

写真のように使いやすいように形を作ればそれなりに底をゴシゴシできます!

買った当初はこれでかなりキレイになったので結構使っていたのですが

次第にこれを使うのも面倒臭くなりまして・・・洗っている間、割れないように気をつけないといけないし。

結局出番がほとんどなくなりました。

 

というのも、もっと簡単にキレイにするやり方にたどり着いたから!

何を使うかというと

 

 

オキシクリーンです!

オクソーのポップコンテナに移し替えて収納しています。

 

我が家のお掃除洗剤の必須アイテムの1つ。

これでオキシ漬けするだけです!

 

オキシクリーンは漂白剤でも普通の塩素系漂白剤とは違い、

無臭タイプ環境にも配慮されて作られているので安心。

これを買ってからオキシ漬けで汚れたものをキレイにすることが断然増えました!

 

 

付属カップの一番下の目盛りより少なめのオキシクリーン&60度以下のぬるま湯をケメックスに入れるだけ!

底のガラスが茶色く色づいているのが見えるでしょうか?

何回も使うとこのコーヒー渋がついて、せっかくおしゃれなケメックスの見た目も残念になってくるんです。

 

P5184019 (1).jpg

このお気にりのコーヒーカップにもコーヒー渋が付着。

コーヒーを飲みきれずこのマグに放置してしまうこともよくあり

スポンジと洗剤でゴシゴシしても取れなくなってきます。

 

ケメックスに入れたオキシクリーン水を、ついでにこのマグの汚れが隠れるほどに入れてあげます。

 

この日は夜に始めたので翌朝まで放置。

そして、翌日水でキレイにすすぐと

 

P5194021 (1).jpg

ご覧のようにコーヒー渋が付着していたマグの底がキレイに!

 

P5194023 (1).jpg

ちょっと写真ではわかりにくいですが、茶色かった部分がスッキリなくなりました^^

 

 

ケメックスの底もキレイに!

オキシ漬けしてすすぐだけの簡単作業なので

スポンジでゴシゴシして危うくケメックスを割りそうになる心配も少なくなります。

 

重曹とお湯でも同じ方法で茶渋&コーヒー渋を落とせるみたいなので

オキシクリーンがない方はそちらの方法でも手軽にできますね!

 

私はいつもオキシクリーンでやっているので、重曹とお湯はやったことがありません。

でもどちらにしろポイントは【放置】

スポンジを使わず放置するだけで醜い渋が落とせるのはかなり楽!

 

 

ケメックス専用洗浄ブラシもあるみたいですが

毎回ブラシでキレイにゴシゴシ掃除したいって方以外は必要ないのではと思っています。

 

 

我が家では普段は洗剤水で軽くすすいで水洗いだけ。

コーヒー渋が溜まってきたなと思ったタイミングでオキシ漬けを定期的にやっています!

 

あと他によくやるオキシ漬けは白いル・クルーゼで雑穀米を炊いた時。

黒米の紫の色素が鍋の内側について洗剤とスポンジでは落としきれません。

その時もオキシ漬け。

 

オキシクリーン、いろんな用途に使えるのであるとかなり便利です!

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラム始めました!

こちらもお気軽にご自由にフォローしてくださると嬉しいです。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

北欧インテリア&シンプルライフのランキングに参加中!

本日もブログ訪問、ありがとうございます。

 

RELATED POSTS